日本全国、人気複合施設特集!!

日本全国、人気複合施設特集!!

大阪には負けない兵庫県

歴史は伊達じゃない、兵庫県

次に登場したのが、大阪と同じ近畿地方から『兵庫県』をご紹介していきましょう。町としての歴史も古く、また食としての文化も何気に由緒あるものばかりあり、さらには高級住宅地として有名な東灘区にある御影地区は日本一の長寿村としても有名となっています。そんな兵庫県の商業複合施設の中では、どんな所が人気なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

神戸国際会館

先ず初めにご紹介するのは、兵庫県神戸市中央区は三宮にあります『神戸国際会館』についてお話して行きましょう。会館って複合施設なの? と思う方もいらっしゃるでしょうが、紛れもない複合施設なのです。

もともとはGHQのイーストキャンプ地との遊休地として、当時としては最新鋭の設備をそろえていたコンサートホールが開館し、その後神戸国際会館大ホールや映画館、またはホテルといった宿泊事業も展開していた。宿泊事業はその後廃止されることになる。

建物は1995年に起きた阪神・淡路大震災で全壊してしまったため、当時の趣は無いものの、その後現在の建物が建てられて、実質新オープンとして1999年に開館した。

現在は、コンサートホール『こくさいホール』とシネマコンプレックス『神戸国際松竹』、ショッピングセンター『SOL』といったものが入居している。ちなみにこくさいホールは音響家が選ぶ優良ホール100選にも選ばれているほど、裏方にはとても気に入られているホールとなっている。

お買い物してこよう

umie MOSAIC

次にご紹介するのが神戸ハーバーランドにある複合商業施設の『umie MOSAIC』をご紹介していこう。

もともとは『神戸モザイク』として1992年に三菱倉庫の倉庫跡地にて開館施設で、海と運河に囲まれた山荘幸三の建物にショッピング・レストラン・アミューズメント施設等が備わっている。施設の2階のウッドデッキでは、高浜岸壁に停泊している遊覧船『神戸コンチェルト』や対岸にある『神戸メリケンパークオリエンタルホテル』といったメリケンパークや中突提周辺の景色を眺めて楽しむことも出来る。

名前が変わることになった理由としては、やはり思った以上に経営が難航したため、後にイオンモールが神戸阪急の跡地とHa・Reと合わせて再開発することになり、その後2013年『umie』として前二者と共にリニューアルオープンすることになる。その後モザイクもumieと吸収されることになり、現在の名称に変わることになった。

しかし経営不振状態からほとんどの店舗が撤退をしておらず、大体の店舗が神戸モザイクから入居している店舗となっている。

神戸空港ターミナルビル

神戸にある神戸国際空港の中にある『神戸空港ターミナルビル』も、立派な観光施設として人気を呼んでいる。飛行機上ということもあり、よほど空港から近くでないと近隣の住民が利用することは無いかもしれないが、神戸国際空港に降り立つ人にとっては便利な施設となっている。食事処だけではなく、ショッピングなども楽しめ、飛行機が発着の瞬間を気軽に見ることが出来る展望など、ここを訪れたら一度は景色を見ていくだけでも十分に価値があるところとなっています。

神戸空港ターミナルビルの中にある施設は以下の通りとなっている。

1階

  • ファミリーマート
  • ドギーパレス

2階

  • 神戸六甲牧場
  • MARINEAIR BOOKS
  • ジャスミン
  • コンディトライ神戸
  • MARINEAIR MARTⅡ
  • ANA FESTA
  • 黒レンガ倉庫CAFE

3階

  • 神戸洋食キッチン
  • たもん庵
  • 上島珈琲店
  • たこぼん
  • 牛すじ壱成
  • Sky Lounge Contrail
  • 明石浦正鮪

明日どこ行こうか迷ってる貴方へ

全国人気スポット